パソコンのリサイクルについて

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンの買い換えをする人が増えていますが、当然ながら使わなくなったパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルというのは、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいてメーカーとユーザーが協力しあって、家庭のパソコンを再資源化するものです。
以前まで自治体で回収していた不用パソコンですが、より有効な再資源化ができるように、現在ではパソコンメーカーが回収をするようになっています。
パソコンが不要になったら、まずメーカーに回収申し込みをしましょう。メーカーから送られてくる「エコゆうパック」伝票をパソコンに添付して最寄の郵便局に持ち込むか自宅に集荷に来てもらいます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
事業所から出る使用済みパソコンの回収は、「資源有効利用促進法」の改正後、メーカーが義務として行なうようになっていますので、家庭用のPCリサイクルとは回収手順が異なります。
さて、PCリサイクルというと心配になるのは、HDDに記録されたデータの流出ではないでしょうか?
ところが、データを消去するといっても、それほど簡単なことではありません。データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで初期化したりしてもデータが見えなくなっているだけなのです。
データを消去するためには、有償の専門ソフトやサービスを使用してデータを消去するか、ハードディスクを取り出してカナヅチや強力な磁石でデータを物理的に破壊してしまうと読み取りができなくなります。
といっても、実際にはリサイクル施設で解体されたパソコンのハードディスクは、裁断されて素材ごとに分別されるので、情報の漏洩はありえないとされています。
気になるパソコンリサイクルの料金ですが、PCリサイクルマークが貼られたものはメーカー負担でリサイクルできます。PCリサイクルマークは一度はがしてしまうと無効になるので気をつけてください。
PCリサイクルマークが無いパソコンは、回収再資源化料金をユーザーが負担しなければなりません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自作パソコンやすでに無くなったメーカーのものは4,200円が相場となっています。
高価買取!ゲオの宅配買取

タイトルとURLをコピーしました