パソコンリサイクルについて考えてみた

パソコンリサイクルについて考えてみたいと思います。年々パソコンの買い換えをする人も増えているので使わなくなったパソコンの廃棄方法も見逃せない問題になっています。
パソコンリサイクルは、2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、これからの環境社会のために使わなくなったパソコンを資源として活用するためにメーカーとユーザーが協力をして行ないます。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
PCリサイクルの仕組みですが、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られて来ます。その伝票を添付したパソコンを郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
回収済みの不要パソコンが中古パソコンとして使われることはありません。再資源化センターへ搬入後、分解されて材質ごとに再資源として活用されるのです。
事業系のパソコンもリサイクルが必要です。「資源有効利用促進法」の改正により法人から廃棄される使用済パソコンの回収・再資源化がメーカーの義務となりました。
パソコンを廃棄する際には、ハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータが流出しないように消去する必要があります。
しかし、パソコンのデータを削除しても完全に消えるわけではありません。OSから呼び出すことができなくなるだけなので、専用のソフトを使うとデータを読み取ることができてしまうのです。
パソコンリサイクルの際にデータ流出を防ぐ方法として、ハードディスクを取り出してカナヅチで壊してしまうのが有効です。もしくは、有料になりますが専門のソフトでデータを消去する方法もあります。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
PCリサイクルシールが貼られているパソコンについては、リサイクル料金はメーカーが負担してくれますが、PCリサイクルマークを剥がしてしまうと自己負担になるので注意が必要です。
PCリサイクルシールがないパソコンや、なくなってしまったメーカーの場合のリサイクル料金はユーザー負担になります。パソコン本体、ディスプレーがそれぞれ3,150円というのが相場のようです。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました