パソコンのリサイクルをどうしたらよいか

パソコンのリサイクルをどうしたらよいかわからずに古いパソコンをそのまましまっている方も多いようです。これだけパソコンの買い換えが多くなると、古いパソコンの廃棄が環境問題につながるようになります。
パソコンリサイクルは、増加する一方のパソコンをキチンとした再資源として利用するために2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいて行なわれています。
以前まで自治体で回収していた不用パソコンですが、より有効な再資源化ができるように、現在ではパソコンメーカーが回収をするようになっています。
PCリサイクルの仕組みですが、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られて来ます。その伝票を添付したパソコンを郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
法人から廃棄される使用済みパソコンは、「資源有効利用促進法」の改定により、メーカーの義務として回収・再資源化することになりました。家庭用PCリサイクルとは異なる回収手順になります。
パソコンを廃棄する際には、ハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータが流出しないように消去する必要があります。
しかし、パソコン上でデータを削除してもデータ回復のソフトを使用すると、データを読み取ることができるのです。つまり、完全にデータが消えたわけではないということです。
パソコンリサイクルの際にデータ流出を防ぐ方法として、ハードディスクを取り出してカナヅチで壊してしまうのが有効です。もしくは、有料になりますが専門のソフトでデータを消去する方法もあります。
ただし、リサイクル施設に回収されたパソコンからの情報漏洩にはそれほど神経質にならなくても良さそうです。というのも、解体されたパソコンのHDDは破壊処理されてデータの復元は出来ない状態になるからです。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました