コロナの影響でパソコンの買い換えをする人が急増

パソコンリサイクルについて考えてみたいと思います。年々パソコンの買い換えをする人も増えているので使わなくなったパソコンの廃棄方法も見逃せない問題になっています。
パソコンリサイクルは、2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、これからの環境社会のために使わなくなったパソコンを資源として活用するためにメーカーとユーザーが協力をして行ないます。
以前まで自治体で回収していた不用パソコンですが、より有効な再資源化ができるように、現在ではパソコンメーカーが回収をするようになっています。
PCリサイクルの仕組みですが、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られて来ます。その伝票を添付したパソコンを郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
郵便局から再資源化センターに送られたパソコンは、分解され、素材ごとに再資源として活用されるのです。
事業系のパソコンもリサイクルが必要です。「資源有効利用促進法」の改正により法人から廃棄される使用済パソコンの回収・再資源化がメーカーの義務となりました。
パソコンを廃棄する際には、ハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータが流出しないように消去する必要があります。
ところが、データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで工場出荷状態にしたりしても、データは完全に消えていません。特殊なソフトでデータ回復ができるのです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
回収資源化料金をユーザーが負担するのは、PCリサイクルマークが表示されていない場合で、3,150円程度ですが、自作パソコンや取り扱いメーカーが無い場合は4,200円が相場ですね。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました