パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンも使用しているうちに機械的な故障やOSが古くなったことにより、買い換えが必要になります。
パソコンリサイクルは、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、増加する一方のパソコンも再資源として利用をするために行なわれています。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
郵便局から再資源化センターに送られたパソコンは、分解され、素材ごとに再資源として活用されるのです。
平成13年の「資源有効利用促進法」改正により、(法人)事業系からの使用済みパソコンの回収はメーカーが義務として行なうようになっているので、家庭用のPCリサイクルとは手順が異なります。
さて、PCリサイクルというと心配になるのは、HDDに記録されたデータの流出ではないでしょうか?
ところが、データを消去するといっても、それほど簡単なことではありません。データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで初期化したりしてもデータが見えなくなっているだけなのです。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
PCリサイクルマークが付いているパソコンのリサイクルは無料(メーカー負担)で受けられますが、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます。
ユーザーがリサイクル料金を負担する場合(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、 各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてから回収をしてもらいます。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました