中古PCでも最近はまだまだ現役で使えるものが多数あります

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンも使用しているうちに機械的な故障やOSが古くなったことにより、買い換えが必要になります。
パソコンリサイクルは、循環型社会のために買い換えなどで使わなくなったパソコンをリサイクル・再資源化するために行なうもので、「資源有効利用促進法」に基づいています。
不用パソコンの回収・処理は自治体が行なっていましたが、パソコンメーカーが行なうことにより効率的な再資源化ができるようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどはパソコン3R推進センターが回収をしていますが、ユーザーの費用負担になります。
パソコンリサイクルの流れとしては、まずメーカーに直接申し込みをすると送られてくる「エコゆうパック」伝票を添付して郵便局へ持ち込みまたは戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
法人からの不要パソコンのリサイクルは、家庭用PCリサイクルとは回収手順が異なります。「資源有効利用促進法」の改正により、メーカーの義務として回収・再資源化するようになったのです。
PCリサイクルをする際に気をつけなければいけないのは、ハードディスクに記録された個人情報などのデータ流出です。
ところが、データを削除したとしても、OSからデータを呼び出すことができなくなっているだけで、完全に消えているわけではないので、データ回復のソフトを使えば重要なデータを読み取ることができるのです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
ただし、リサイクル施設に回収されたパソコンからの情報漏洩にはそれほど神経質にならなくても良さそうです。というのも、解体されたパソコンのHDDは破壊処理されてデータの復元は出来ない状態になるからです。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
購入者がリサイクル料金の負担をする際(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、製造メーカーがある場合は3,150円、自作パソコンやすでに無くなったメーカーの場合は4,200円になります。また、液晶よりもブラウン管型のディスプレーの方が高くつきます。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました