パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました

パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。

古くなったパソコンをそのまま捨てては、当然ながら環境に悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、増加する一方のパソコンも再資源として利用をするために行なわれています。
以前まで自治体で回収していた不用パソコンですが、より有効な再資源化ができるように、現在ではパソコンメーカーが回収をするようになっています。
パソコンのリサイクルをする場合、はじめにメーカーに回収の申し込みをします。すると「エコゆうパック」の伝票が送られてきますので、それを不要なパソコンに添付して郵便局に持ち込み、もしくは戸口集荷をしてもらいます。
回収済みの不要パソコンが中古パソコンとして使われることはありません。再資源化センターへ搬入後、分解されて材質ごとに再資源として活用されるのです。
法人からの不要パソコンのリサイクルは、「資源有効利用促進法」の改正によって、メーカーが回収・資源化するようになっており、家庭用PCリサイクルとは手順が異なります。
パソコンのハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータは、PCリサイクルの際に流出しないように消去しておかなければなりません。
ところが、データを削除したとしても、OSからデータを呼び出すことができなくなっているだけで、完全に消えているわけではないので、データ回復のソフトを使えば重要なデータを読み取ることができるのです。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただ、実際にはリサイクル施設に送られたパソコンは解体されてHDDも裁断されますし、外部業者に処理を委託する場合にも穿孔してから渡されるので情報漏洩の心配はまずありません。
では、パソコンリサイクルの料金はどのようになっているのでしょう?平成15年10月以降に販売されたパソコンにはPCリサイクルマークが貼られています。この場合はメーカーがリサイクル料金を負担します。
PCリサイクルマークの無いパソコンの場合は、ユーザーの料金負担になりますが、支払い方法は各メーカーの所定の方法(郵便振替、銀行振込、クレジット、コンビニなど)で支払いをしてからの回収になります。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました