パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目される

パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。
パソコンリサイクルは、メーカーとユーザーが協力して家庭や業務用で使用していたパソコンを再資源化するためのもので、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
不要になったパソコンが出たら、まずメーカーに申し込みをして「エコゆうパック」伝票を送ってもらいます。その伝票を添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷で回収をしてもらいます。
回収された不要パソコンは再資源化センターに搬入後、分解されて素材ごとに再利用されるようになるのです。中古パソコンとして使われることはありません。
事業所から出る使用済みパソコンの回収は、「資源有効利用促進法」の改正後、メーカーが義務として行なうようになっていますので、家庭用のPCリサイクルとは回収手順が異なります。
パソコンのハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータは、PCリサイクルの際に流出しないように消去しておかなければなりません。
しかし、パソコン上でデータを削除してもデータ回復のソフトを使用すると、データを読み取ることができるのです。つまり、完全にデータが消えたわけではないということです。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただし、リサイクル施設に回収されたパソコンからの情報漏洩にはそれほど神経質にならなくても良さそうです。というのも、解体されたパソコンのHDDは破壊処理されてデータの復元は出来ない状態になるからです。
PCリサイクルマークが付いているパソコンのリサイクルは無料(メーカー負担)で受けられますが、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます。
ユーザーが負担する場合の料金負担は、メーカーがある場合は3,150円から、自作パソコンやメーカーがなくなった場合は4,200円からが相場です。


タイトルとURLをコピーしました