中古PCでも最近は使えるものが増えています

パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。古くなったパソコンをそのまま捨てては、当然ながら環境に悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、増加する一方のパソコンをキチンとした再資源として利用するために2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいて行なわれています。
前までは自治体で回収・処理をしていた不要パソコンですが、メーカーが回収をすることによってより効率的に部品や材料を再資源化できるようになりました。
パソコンのリサイクルをする際は、最初にメーカーに申し込みをして「エコゆうパック」の伝票を送ってもらいます。それを不要になったパソコンに添付して郵便局に持ち込むか戸口集荷を頼みます。
郵便局で回収されたパソコンは、再資源化センターに送られて分解され、素材ごとに再資源として活用されるようになるのです。
事業所から出る使用済みパソコンの回収・再資源化は家庭用のPCリサイクルとは異なり、メーカーが義務として行なうようになっていますが、これは「資源有効利用促進法」の改定によるものです。
パソコンのリサイクルというと心配になるのは、やはりデータの流出ですね。ハードディスクに保存されている個人情報などは絶対に他人に知られてはいけません。
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしても、データが消えたわけではなく、見えない状態になっているだけなので、特殊なソフトを使うとデータの回復ができてしまうのです。
データ消去用のソフトウェアは、ハードディスク上のOSに依存しないため、OSやファイルが壊れて起動できなくなったとしてもデータの消去が可能です。
といっても、実際にはリサイクル施設で解体されたパソコンのハードディスクは、裁断されて素材ごとに分別されるので、情報の漏洩はありえないとされています。
PCリサイクルシールが貼られているパソコンについては、リサイクル料金はメーカーが負担してくれますが、PCリサイクルマークを剥がしてしまうと自己負担になるので注意が必要です。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。


タイトルとURLをコピーしました