パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンも使用しているうちに機械的な故障やOSが古くなったことにより、買い換えが必要になります。
パソコンリサイクルは、循環型社会のために使用しなくなったパソコンも新しい資源として再利用できるようにしたものです。
以前は不要になったパソコンは自治体で回収・処理していましたが、現在ではパソコンメーカーが回収することで、より有効な再資源化ができるようにしています。
パソコンが不要になったら、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られてきます。その伝票を添付して郵便局へ持ち込むか集荷の連絡をして回収に来てもらいます。
回収されたパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解され、材料ごとに再資源となるのです。
事業所から出る使用済みパソコンの回収・再資源化は家庭用のPCリサイクルとは異なり、メーカーが義務として行なうようになっていますが、これは「資源有効利用促進法」の改定によるものです。
さて、PCリサイクルというと心配になるのは、HDDに記録されたデータの流出ではないでしょうか?
しかし、パソコン上でデータを削除してもデータ回復のソフトを使用すると、データを読み取ることができるのです。つまり、完全にデータが消えたわけではないということです。
データを消去するためには、有償の専門ソフトやサービスを使用してデータを消去するか、ハードディスクを取り出してカナヅチや強力な磁石でデータを物理的に破壊してしまうと読み取りができなくなります。
とは言っても、パソコンリサイクルで回収されたパソコンのハードディスクは専用の機械で破砕処理されているので、情報漏洩の心配はまずないでしょう。
それでは、パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?平成15年10月以降に販売されたパソコンでPCリサイクルマークが貼られているものについては、メーカーの料金負担で回収してもらうことができます。
PCリサイクルシールがないパソコンや、なくなってしまったメーカーの場合のリサイクル料金はユーザー負担になります。パソコン本体、ディスプレーがそれぞれ3,150円というのが相場のようです。
ノートパソコンが1万円~ お買い得の中古PC

タイトルとURLをコピーしました