注意!!PCリサイクルマークをはがしてしまうと無効になります

パソコンのリサイクル方法も環境問題が注目されるようになるにつれ、法律で規定されるようになってきました。古くなったパソコンは当然ながらそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、循環型社会のために使用しなくなったパソコンも新しい資源として再利用できるようにしたものです。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
パソコンリサイクルの流れですが、まずメーカーに回収の申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られてきます。その伝票を不要のパソコンに添付して最寄の郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは再資源化センターに送られて、材質ごとに分けられて資源へと生まれ変わりますので、中古パソコンとして出回ることはありません。
事業所から出る使用済みパソコンの回収は、「資源有効利用促進法」の改正後、メーカーが義務として行なうようになっていますので、家庭用のPCリサイクルとは回収手順が異なります。
パソコンのハードディスクに記録された個人情報などの大切なデータは、PCリサイクルの際に流出しないように消去しておかなければなりません。
ところが、データ回復のソフトを使うと削除したつもりのデータを読み取ることができてしまいます。というのも、データの削除をしてもOSから呼び出すことができなくなるだけで、データ自体が消えたわけではないからです。
そこで、有償の専門ソフトやサービスを使ってデータを消去するか、ハードディスクを一度取り出して物理的に破壊してしまうという方法がデータ流出を防ぐ上で有効です。
ただ、実際にはリサイクル施設に送られたパソコンは解体されてHDDも裁断されますし、外部業者に処理を委託する場合にも穿孔してから渡されるので情報漏洩の心配はまずありません。
パソコンリサイクルに必要な料金は、PCリサイクルマークが付いているものは無料(メーカーが負担)ですが、PCリサイクルマークをはがしてしまうと無効なので注意が必要です。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。


タイトルとURLをコピーしました