使わなくなったパソコンはそのままゴミとして捨てるわけにはいけません。

パソコンのリサイクルをどうしたらよいかわからずに古いパソコンをそのまましまっている方も多いようです。当然、使わなくなったパソコンはそのままゴミとして捨てるわけにはいけません。
パソコンリサイクルは、増加する一方のパソコンをキチンとした再資源として利用するために2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいて行なわれています。
以前は不要になったパソコンは自治体で回収・処理していましたが、現在ではパソコンメーカーが回収することで、より有効な再資源化ができるようにしています。
パソコンのリサイクルをする場合、はじめにメーカーに回収の申し込みをします。すると「エコゆうパック」の伝票が送られてきますので、それを不要なパソコンに添付して郵便局に持ち込み、もしくは戸口集荷をしてもらいます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
法人から廃棄される使用済みパソコンは、「資源有効利用促進法」の改定により、メーカーの義務として回収・再資源化することになりました。家庭用PCリサイクルとは異なる回収手順になります。
さて、パソコンのリサイクルでやはり心配になるのが、データの流出です。個人情報や顧客データなどは絶対に守らなければなりません。
ところが、データ回復のソフトを使うと削除したつもりのデータを読み取ることができてしまいます。というのも、データの削除をしてもOSから呼び出すことができなくなるだけで、データ自体が消えたわけではないからです。
そこで、有償の専門ソフトやサービスを使ってデータを消去するか、ハードディスクを一度取り出して物理的に破壊してしまうという方法がデータ流出を防ぐ上で有効です。
ただ、実際に情報漏洩の心配はないと言われるのは、リサイクル施設でパソコン本体は解体され、HDDも裁断されてしまいますし、外部業者に委託する場合でもハードディスクには穿孔して渡されるためです。
パソコンリサイクルの料金についてですが、パソコンリサイクルの制度が開始された以降のパソコンにはPCリサイクルマークが表示されていて、購入時にリサイクル料が含まれているので、回収の際に料金がかかることはありません。
PCリサイクルシールがないパソコンや、なくなってしまったメーカーの場合のリサイクル料金はユーザー負担になります。パソコン本体、ディスプレーがそれぞれ3,150円というのが相場のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました