パソコンリサイクルにかかる料金はどのようになっているかというと

パソコンのリサイクルをどうしたらよいかわからずに古いパソコンをそのまましまっている方も多いようです。これだけパソコンの買い換えが多くなると、古いパソコンの廃棄が環境問題につながるようになります。
パソコンリサイクルは、メーカーとユーザーが協力して家庭や業務用で使用していたパソコンを再資源化するためのもので、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
不用になったパソコンをより効率的に再資源化するために、自治体で行なっていた回収・処理をメーカーが行なうようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどは、パソコン3Rセンターが有償で回収をします。
不要になったパソコンが出たら、まずメーカーに申し込みをして「エコゆうパック」伝票を送ってもらいます。その伝票を添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷で回収をしてもらいます。
回収されたパソコンは、再資源化センターで分解され、素材ごとに再資源化されるのです。そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。
「資源有効利用促進法」の改正により、事業系のパソコンもリサイクルが必要になりました。法人から廃棄される使用済みのパソコンはメーカーの義務として回収・再資源化されるようになっています。
パソコンはハードディスクに個人情報などの重要なデータが記録されていますから、PCリサイクルをする場合にはこの情報が流出しないようにしなければなりません。
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしても、データが消えたわけではなく、見えない状態になっているだけなので、特殊なソフトを使うとデータの回復ができてしまうのです。
データ消去用のソフトウェアは、ハードディスク上のOSに依存しないため、OSやファイルが壊れて起動できなくなったとしてもデータの消去が可能です。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
では、パソコンリサイクルにかかる料金はどのようになっているかというと、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)はメーカーの負担でリサイクルに出すことができます。
PCリサイクルマークが無いパソコンは、回収再資源化料金をユーザーが負担しなければなりません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自作パソコンやすでに無くなったメーカーのものは4,200円が相場となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました