データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンの買い換えをする人が増えていますが、当然ながら使わなくなったパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、増加する一方のパソコンも再資源として利用をするために行なわれています。
不用になったパソコンは自治体が回収をしていましたが、メーカーが回収・処理をすることで部品や材料を効率的に再資源として利用できるようにしています。
パソコンのリサイクルをする際は、最初にメーカーに申し込みをして「エコゆうパック」の伝票を送ってもらいます。それを不要になったパソコンに添付して郵便局に持ち込むか戸口集荷を頼みます。
回収されたパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解され、材料ごとに再資源となるのです。
事業系のパソコンもリサイクルが必要です。「資源有効利用促進法」の改正により法人から廃棄される使用済パソコンの回収・再資源化がメーカーの義務となりました。
さて、パソコンのリサイクルでやはり心配になるのが、データの流出です。個人情報や顧客データなどは絶対に守らなければなりません。
ところが、データを削除したと思っても、特殊なソフトを使うとデータは回復できることが多いのです。パソコンを初期化しても、データが完全に消えたわけではありません。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
とは言っても、パソコンリサイクルで回収されたパソコンのハードディスクは専用の機械で破砕処理されているので、情報漏洩の心配はまずないでしょう。
パソコンリサイクルの料金についてですが、パソコンリサイクルの制度が開始された以降のパソコンにはPCリサイクルマークが表示されていて、購入時にリサイクル料が含まれているので、回収の際に料金がかかることはありません。
PCリサイクルシールが無い場合、製造メーカーがあれば3,150円、自作パソコンやメーカーが倒産してしまった場合は4,200円をユーザーが負担してリサイクルしてもらいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました