回収済みの不要パソコンが中古パソコンとして使われることはありません

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?機械的な故障やOSが古くなったことにより、パソコンの買い換えも必要になりますが、古いパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、これからの環境社会のために使わなくなったパソコンを資源として活用するためにメーカーとユーザーが協力をして行ないます。
前までは自治体で回収・処理をしていた不要パソコンですが、メーカーが回収をすることによってより効率的に部品や材料を再資源化できるようになりました。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
回収済みの不要パソコンが中古パソコンとして使われることはありません。再資源化センターへ搬入後、分解されて材質ごとに再資源として活用されるのです。
法人からの不要パソコンのリサイクルは、「資源有効利用促進法」の改正によって、メーカーが回収・資源化するようになっており、家庭用PCリサイクルとは手順が異なります。
パソコンのリサイクルで気をつけることは、HDDに記録されている個人情報などのデータ流出です。
ただし、データを消去するというのはそれほど簡単ではありません。データを「ゴミ箱」に捨てたり、パソコンを初期化したりしても完全に消えているわけではないのです。
パソコンのデータ流出を防ぐためには、ハードディスクを取り出してカナヅチや強い磁気で物理的に破壊してしまうか、有償の専門ソフトやサービスを使うことをおすすめします。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
それでは、パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?平成15年10月以降に販売されたパソコンでPCリサイクルマークが貼られているものについては、メーカーの料金負担で回収してもらうことができます。
回収資源化料金をユーザーが負担するのは、PCリサイクルマークが表示されていない場合で、3,150円程度ですが、自作パソコンや取り扱いメーカーが無い場合は4,200円が相場ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました