注意、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます!

パソコンリサイクルについて考えてみたいと思います。年々パソコンの買い換えをする人も増えているので使わなくなったパソコンの廃棄方法も見逃せない問題になっています。
パソコンリサイクルは、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用をするために行なわれているもので、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
これまで自治体で回収をしていた使用済みのパソコンを、メーカーが回収をすることで、より効率的に再資源化できるようになりました。自作したパソコンや倒産したメーカーのパソコンはパソコン3R推進センターが有償で回収をしています。
パソコンリサイクルの流れですが、まずメーカーに回収の申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られてきます。その伝票を不要のパソコンに添付して最寄の郵便局に持ち込むか戸口集荷をしてもらいます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
事業所から出る使用済みパソコンの回収は、「資源有効利用促進法」の改正後、メーカーが義務として行なうようになっていますので、家庭用のPCリサイクルとは回収手順が異なります。
パソコンのハードディスクには、個人情報などの大切なデータが保存されていますから、PCリサイクルの際にはしっかりと消去しておく必要があります。
ところが、データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで工場出荷状態にしたりしても、データは完全に消えていません。特殊なソフトでデータ回復ができるのです。
データを消去するためには、有償の専門ソフトやサービスを使用してデータを消去するか、ハードディスクを取り出してカナヅチや強力な磁石でデータを物理的に破壊してしまうと読み取りができなくなります。
ただ、実際に情報漏洩の心配はないと言われるのは、リサイクル施設でパソコン本体は解体され、HDDも裁断されてしまいますし、外部業者に委託する場合でもハードディスクには穿孔して渡されるためです。
PCリサイクルマークが付いているパソコンのリサイクルは無料(メーカー負担)で受けられますが、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます。
ユーザーが負担する場合の料金負担は、メーカーがある場合は3,150円から、自作パソコンやメーカーがなくなった場合は4,200円からが相場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました