パソコンの回収後はリサイクル施設で物理的に破壊処理され、データの復元はできない状態になります

パソコンリサイクルについて考えてみたいと思います。年々パソコンの買い換えをする人も増えているので使わなくなったパソコンの廃棄方法も見逃せない問題になっています。
パソコンリサイクルは、循環型社会のために使用しなくなったパソコンも新しい資源として再利用できるようにしたものです。
これまで自治体で回収をしていた使用済みのパソコンを、メーカーが回収をすることで、より効率的に再資源化できるようになりました。自作したパソコンや倒産したメーカーのパソコンはパソコン3R推進センターが有償で回収をしています。
パソコンが不要になったら、メーカーに申し込みをすると「エコゆうパック」伝票が送られてきます。その伝票を添付して郵便局へ持ち込むか集荷の連絡をして回収に来てもらいます。
回収された不要パソコンは再資源化センターに搬入後、分解されて素材ごとに再利用されるようになるのです。中古パソコンとして使われることはありません。
法人から廃棄される使用済みパソコンは、「資源有効利用促進法」の改定により、メーカーの義務として回収・再資源化することになりました。家庭用PCリサイクルとは異なる回収手順になります。
パソコンのリサイクルというと心配になるのは、やはりデータの流出ですね。ハードディスクに保存されている個人情報などは絶対に他人に知られてはいけません。
ところが、データ回復のソフトを使うと削除したつもりのデータを読み取ることができてしまいます。というのも、データの削除をしてもOSから呼び出すことができなくなるだけで、データ自体が消えたわけではないからです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
とは言っても、パソコンの回収後はリサイクル施設で物理的に破壊処理され、データの復元はできない状態になりますのでそれほど神経質になる必要はなさそうです。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました