パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?ノートパソコンだと早いものだと2年ほどで買い替えが必要になるものもあるといわれますが、そのペースでパソコンを廃棄していたら当然環境にも悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、増加する一方のパソコンをキチンとした再資源として利用するために2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいて行なわれています。
不用パソコンの回収・処理は自治体が行なっていましたが、パソコンメーカーが行なうことにより効率的な再資源化ができるようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどはパソコン3R推進センターが回収をしていますが、ユーザーの費用負担になります。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
事業系のパソコンのリサイクルは、家庭用PCリサイクルとは手順が異なり、メーカーが義務として回収をして適正なリサイクル処理を行なうことになっています。
パソコンはハードディスクに個人情報などの重要なデータが記録されていますから、PCリサイクルをする場合にはこの情報が流出しないようにしなければなりません。
ところが、データを消去するといっても、それほど簡単なことではありません。データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで初期化したりしてもデータが見えなくなっているだけなのです。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただ、リサイクル施設ではパソコンを解体してハードディスクを取り出した後、裁断して、鉄、アルミなどの素材に分別していますので、情報の漏洩は事実上ないとされています。
PCリサイクルマークが付いているパソコンのリサイクルは無料(メーカー負担)で受けられますが、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます。
PCリサイクルマークが無いパソコンは、回収再資源化料金をユーザーが負担しなければなりません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自作パソコンやすでに無くなったメーカーのものは4,200円が相場となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました