パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンの買い換えをする人が増えていますが、当然ながら使わなくなったパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、増加する一方のパソコンも再資源として利用をするために行なわれています。
使用済みのパソコンは以前、自治体が回収と処理をしていたのですが、パソコンリサイクルが行なわれるようになってからはメーカーが回収をして部品や材料をより効率的に再資源として利用できるようにしています。
パソコンリサイクルの仕組みですが、「エコゆうパック」伝票を添付した不要パソコンを郵便局へ持ち込み、もしくは戸口集荷を頼みます。「エコゆうパック」伝票はパソコンメーカーに申し込むと送ってくれます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
平成13年の「資源有効利用促進法」改正により、(法人)事業系からの使用済みパソコンの回収はメーカーが義務として行なうようになっているので、家庭用のPCリサイクルとは手順が異なります。
パソコンをリサイクルに出す際には、ハードディスクに記録された大切なデータが流出しないように消去することが必要になります。
ところが、データを削除したとしても、OSからデータを呼び出すことができなくなっているだけで、完全に消えているわけではないので、データ回復のソフトを使えば重要なデータを読み取ることができるのです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
とはいえ、実際のところはリサイクルに出されたパソコンは解体され、ハードディスクも裁断されて素材ごとに分別されてしまうので、この時点で情報が漏洩する可能性はほとんどなくなります。
それでは、パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?平成15年10月以降に販売されたパソコンでPCリサイクルマークが貼られているものについては、メーカーの料金負担で回収してもらうことができます。
PCリサイクルマークの表示が無いパソコンは購入者がリサイクル料金を負担しなければなりません。取り扱いメーカーがある場合は本体、液晶ディスプレーがそれぞれ3,150円ですが、自作パソコンやブラウン管ディスプレーは割り増しになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました