パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?機械的な故障やOSが古くなったことにより、パソコンの買い換えも必要になりますが、古いパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用をするために行なわれているもので、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
以前は不要になったパソコンは自治体で回収・処理していましたが、現在ではパソコンメーカーが回収することで、より有効な再資源化ができるようにしています。
パソコンが不要になったら、まずメーカーに回収申し込みをしましょう。メーカーから送られてくる「エコゆうパック」伝票をパソコンに添付して最寄の郵便局に持ち込むか自宅に集荷に来てもらいます。
回収されたパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解され、材料ごとに再資源となるのです。
「資源有効利用促進法」の改正により、事業系のパソコンもリサイクルが必要になりました。法人から廃棄される使用済みのパソコンはメーカーの義務として回収・再資源化されるようになっています。
パソコンのリサイクルというと心配になるのは、やはりデータの流出ですね。ハードディスクに保存されている個人情報などは絶対に他人に知られてはいけません。
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしたとしても、データが完全に消えたわけではありませんから、特殊なソフトを使うとデータは回復できることが多いのです。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただ、実際にはリサイクル施設に送られたパソコンは解体されてHDDも裁断されますし、外部業者に処理を委託する場合にも穿孔してから渡されるので情報漏洩の心配はまずありません。
リサイクルに必要な経費については、PCリサイクルマークが貼られたパソコン(平成15年10月以降に販売されたもの)は、ユーザーが購入時にリサイクル料金も含まれた価格で購入しているので、回収時の料金負担はありません。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました