実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。

パソコンのリサイクルについて意識をしたことはあるでしょうか?パソコンも使用しているうちに機械的な故障やOSが古くなったことにより、買い換えが必要になります。
パソコンリサイクルは、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用をするために行なわれているもので、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
以前まで自治体で回収していた不用パソコンですが、より有効な再資源化ができるように、現在ではパソコンメーカーが回収をするようになっています。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
郵便局から再資源化センターに送られたパソコンは、分解され、素材ごとに再資源として活用されるのです。
法人から廃棄される使用済みパソコンは、「資源有効利用促進法」の改定により、メーカーの義務として回収・再資源化することになりました。家庭用PCリサイクルとは異なる回収手順になります。
パソコンのハードディスクには、個人情報などの大切なデータが保存されていますから、PCリサイクルの際にはしっかりと消去しておく必要があります。
ところが、データを削除したと思っても、特殊なソフトを使うとデータは回復できることが多いのです。パソコンを初期化しても、データが完全に消えたわけではありません。
データ流出を防ぐためには、有償のソフトを使う方法があります。ハードディスクに固定のデータ情報を書き込んで、元のデータを塗りつぶしてしまうので、復元ソフトでのデータ回復ができなくなります。
ただ、実際にはPCリサイクルの際に情報の漏洩はないとされています。というのも、リサイクル施設ではハードディスクを取り出した後、裁断して鉄、アルミなどの素材別に分別してしまうからです。
それでは、パソコンリサイクルの料金はいくらかかるのでしょうか?平成15年10月以降に販売されたパソコンでPCリサイクルマークが貼られているものについては、メーカーの料金負担で回収してもらうことができます。
購入者がリサイクル料金の負担をする際(PCリサイクルマークが無いパソコン)は、製造メーカーがある場合は3,150円、自作パソコンやすでに無くなったメーカーの場合は4,200円になります。また、液晶よりもブラウン管型のディスプレーの方が高くつきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました