データを削除したりパソコンを初期化したりしても、データが消えたわけではなく、見えない状態になっているだけなので、特殊なソフトを使うとデータの回復ができてしまうのです。

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?機械的な故障やOSが古くなったことにより、パソコンの買い換えも必要になりますが、古いパソコンをそのままゴミとして捨てるわけにはいきません。
パソコンリサイクルは、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用をするために行なわれているもので、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
これまで自治体で回収をしていた使用済みのパソコンを、メーカーが回収をすることで、より効率的に再資源化できるようになりました。自作したパソコンや倒産したメーカーのパソコンはパソコン3R推進センターが有償で回収をしています。
パソコンリサイクルをする場合には、はじめにメーカーに申し込みをします。パソコンメーカーから「エコゆうパック」伝票が送られてくるので、それを添付して郵便局へ持ち込むか戸口集荷を頼みます。
回収された不要パソコンは再資源化センターに搬入後、分解されて素材ごとに再利用されるようになるのです。中古パソコンとして使われることはありません。
「資源有効利用促進法」の改定により、法人から廃棄される使用済みパソコンの回収・再資源化はメーカーの義務となりました。家庭用PCリサイクルとは手順が違うので、注意してください。
さて、PCリサイクルというと心配になるのは、HDDに記録されたデータの流出ではないでしょうか?
ただし、データを削除したりパソコンを初期化したりしても、データが消えたわけではなく、見えない状態になっているだけなので、特殊なソフトを使うとデータの回復ができてしまうのです。
パソコンリサイクルの際にデータ流出を防ぐ方法として、ハードディスクを取り出してカナヅチで壊してしまうのが有効です。もしくは、有料になりますが専門のソフトでデータを消去する方法もあります。
ただ、実際にはリサイクル施設に送られたパソコンは解体されてHDDも裁断されますし、外部業者に処理を委託する場合にも穿孔してから渡されるので情報漏洩の心配はまずありません。
では、パソコンリサイクルの料金はどのようになっているのでしょう?平成15年10月以降に販売されたパソコンにはPCリサイクルマークが貼られています。この場合はメーカーがリサイクル料金を負担します。
PCリサイクルマークが無いパソコンは、回収再資源化料金をユーザーが負担しなければなりません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自作パソコンやすでに無くなったメーカーのものは4,200円が相場となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました