データ消去用のソフトウェアは、ハードディスク上のOSに依存しないため、OSやファイルが壊れて起動できなくなったとしてもデータの消去が可能です。

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?ノートパソコンだと早いものだと2年ほどで買い替えが必要になるものもあるといわれますが、そのペースでパソコンを廃棄していたら当然環境にも悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、私達が使っているパソコンも捨てるのではなく、新しい資源として利用をするために行なわれているもので、平成15年10月に施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
前までは自治体で回収・処理をしていた不要パソコンですが、メーカーが回収をすることによってより効率的に部品や材料を再資源化できるようになりました。
パソコンリサイクルの仕組みですが、「エコゆうパック」伝票を添付した不要パソコンを郵便局へ持ち込み、もしくは戸口集荷を頼みます。「エコゆうパック」伝票はパソコンメーカーに申し込むと送ってくれます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
事業系のパソコンのリサイクルは、家庭用PCリサイクルとは手順が異なり、メーカーが義務として回収をして適正なリサイクル処理を行なうことになっています。
パソコンのリサイクルで気をつけることは、HDDに記録されている個人情報などのデータ流出です。
ところが、データを消去するといっても、それほど簡単なことではありません。データを「ゴミ箱」に捨てて削除をしたり、リカバリーCDで初期化したりしてもデータが見えなくなっているだけなのです。
データ消去用のソフトウェアは、ハードディスク上のOSに依存しないため、OSやファイルが壊れて起動できなくなったとしてもデータの消去が可能です。
とは言っても、パソコンリサイクルで回収されたパソコンのハードディスクは専用の機械で破砕処理されているので、情報漏洩の心配はまずないでしょう。
パソコンリサイクルに必要な料金は、PCリサイクルマークが付いているものは無料(メーカーが負担)ですが、PCリサイクルマークをはがしてしまうと無効なので注意が必要です。
PCリサイクルマークが無いパソコンは、回収再資源化料金をユーザーが負担しなければなりません。製造メーカーがあれば3,150円程度、自作パソコンやすでに無くなったメーカーのものは4,200円が相場となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました