ハードディスクは専用の機械で破砕処理されているので、情報漏洩の心配はまずないでしょう。

パソコンリサイクルについて考えてみたいと思います。年々パソコンの買い換えをする人も増えているので使わなくなったパソコンの廃棄方法も見逃せない問題になっています。
パソコンリサイクルは、2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいたもので、これからの環境社会のために使わなくなったパソコンを資源として活用するためにメーカーとユーザーが協力をして行ないます。
自治体で行なっていた回収・処理をメーカーがパソコンメーカーが行なうことにより、効率的な再資源化ができるようになりました。自作パソコン、倒産したメーカーのパソコンなどはパソコン3Rセンターが有償で回収を行ないます。
パソコンリサイクルの流れとしては、まずメーカーに直接申し込みをすると送られてくる「エコゆうパック」伝票を添付して郵便局へ持ち込みまたは戸口集荷をしてもらいます。
郵便局から再資源化センターに送られたパソコンは、分解され、素材ごとに再資源として活用されるのです。
法人からの不要パソコンのリサイクルは、「資源有効利用促進法」の改正によって、メーカーが回収・資源化するようになっており、家庭用PCリサイクルとは手順が異なります。
さて、PCリサイクルというと心配になるのは、HDDに記録されたデータの流出ではないでしょうか?
しかし、パソコン上でデータを削除してもデータ回復のソフトを使用すると、データを読み取ることができるのです。つまり、完全にデータが消えたわけではないということです。
パソコンリサイクルの際にデータ流出を防ぐ方法として、ハードディスクを取り出してカナヅチで壊してしまうのが有効です。もしくは、有料になりますが専門のソフトでデータを消去する方法もあります。
とは言っても、パソコンリサイクルで回収されたパソコンのハードディスクは専用の機械で破砕処理されているので、情報漏洩の心配はまずないでしょう。
PCリサイクルシールが貼られているパソコンについては、リサイクル料金はメーカーが負担してくれますが、PCリサイクルマークを剥がしてしまうと自己負担になるので注意が必要です。
ユーザーが負担する場合の料金負担は、メーカーがある場合は3,150円から、自作パソコンやメーカーがなくなった場合は4,200円からが相場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました