パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?

パソコンリサイクルの方法についてご存知でしょうか?ノートパソコンだと早いものだと2年ほどで買い替えが必要になるものもあるといわれますが、そのペースでパソコンを廃棄していたら当然環境にも悪影響を与えます。
パソコンリサイクルは、増加する一方のパソコンをキチンとした再資源として利用するために2003年10月に施行された「資源有効利用促進法」にもとづいて行なわれています。
不用になったパソコンをより効率的に再資源化するために、自治体で行なっていた回収・処理をメーカーが行なうようになりました。回収するメーカーがない自作パソコンなどは、パソコン3Rセンターが有償で回収をします。
パソコンリサイクルの仕組みですが、「エコゆうパック」伝票を添付した不要パソコンを郵便局へ持ち込み、もしくは戸口集荷を頼みます。「エコゆうパック」伝票はパソコンメーカーに申し込むと送ってくれます。
回収されたパソコンは、そのまま中古パソコンとして再利用されることはありません。分解されて素材ごとに再資源化されるのです。
事業所から出る使用済みパソコンの回収・再資源化は家庭用のPCリサイクルとは異なり、メーカーが義務として行なうようになっていますが、これは「資源有効利用促進法」の改定によるものです。
パソコンのハードディスクには、個人情報などの大切なデータが保存されていますから、PCリサイクルの際にはしっかりと消去しておく必要があります。
ところが、データ回復のソフトを使うと削除したつもりのデータを読み取ることができてしまいます。というのも、データの削除をしてもOSから呼び出すことができなくなるだけで、データ自体が消えたわけではないからです。
パソコンリサイクルをする際のデータ保護としては、ハードディスクを一度取り出してカナヅチで壊してしまう方法があります。また、有料のことが多いですが、専門のソフトでデータ消去をすることも可能です。
といっても、実際にはリサイクル施設で解体されたパソコンのハードディスクは、裁断されて素材ごとに分別されるので、情報の漏洩はありえないとされています。
パソコンリサイクルに必要な料金は、PCリサイクルマークが付いているものは無料(メーカーが負担)ですが、PCリサイクルマークをはがしてしまうと無効なので注意が必要です。
自作パソコンや、倒産してしまったメーカーのパソコン、PCリサイクルシールが貼られる以前のパソコンのリサイクルはユーザーが負担します。本体と液晶ディスプレーは4,200円、ブラウン管型ディスプレーは5,250円程度の相場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました