古いパソコンをそのまましまっている方も多いようです。

パソコンのリサイクルをどうしたらよいかわからずに古いパソコンをそのまましまっている方も多いようです。当然、使わなくなったパソコンはそのままゴミとして捨てるわけにはいけません。
パソコンリサイクルは、メーカーとユーザーが協力して家庭や業務用で使用していたパソコンを再資源化するためのもので、平成15年(2003年)10月1日より施行された「資源有効利用促進法」に基づいています。
不用になったパソコンは自治体が回収をしていましたが、メーカーが回収・処理をすることで部品や材料を効率的に再資源として利用できるようにしています。
パソコンリサイクルの仕組みですが、「エコゆうパック」伝票を添付した不要パソコンを郵便局へ持ち込み、もしくは戸口集荷を頼みます。「エコゆうパック」伝票はパソコンメーカーに申し込むと送ってくれます。
郵便局で回収したパソコンが中古パソコンとして再利用されることはなく、再資源化センターで分解されて材質ごとに資源に生まれ変わります。
「資源有効利用促進法」の改定により、法人から廃棄される使用済みパソコンの回収・再資源化はメーカーの義務となりました。家庭用PCリサイクルとは手順が違うので、注意してください。
パソコンのハードディスクには、個人情報などの大切なデータが保存されていますから、PCリサイクルの際にはしっかりと消去しておく必要があります。
ところが、データを削除したとしても、OSからデータを呼び出すことができなくなっているだけで、完全に消えているわけではないので、データ回復のソフトを使えば重要なデータを読み取ることができるのです。
パソコンのデータを流出しないようにするには、有償の専門ソフトやサービスを使ったり、カナヅチや強い磁気で物理的に破壊したりする方法が有効です。
とは言え、実際には情報漏洩の心配はまずなさそうです。それは、PCリサイクルで回収されたパソコンは解体されてHDDを取り出し、専用の機械で破砕処理されているからです。
PCリサイクルマークが付いているパソコンのリサイクルは無料(メーカー負担)で受けられますが、マークを剥がしてしまうと自己負担になってしまいます。
PCリサイクルシールが無い場合、製造メーカーがあれば3,150円、自作パソコンやメーカーが倒産してしまった場合は4,200円をユーザーが負担してリサイクルしてもらいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました